生涯続けることができる

看護師になるためには国家資格を取得しなければなりません。現在、認定看護師は一定の条件をクリアし、5年ごとの更新が義務付けられていますが、一般看護師の場合、一度得た国家資格はそのまま継続されます。
また看護学校や看護大学では全ての科に対応できるように様々な知識を学びます。そしてその知識を元に実習を行うのです。個人によって働く場所の希望はあるかもしれませんが、採用する側にとって全ての科に対応して働くことができるという認識でいることでしょう。その資格は国家資格であるため、就職の際に資格手当がついて同世代の女性に比べると良い収入を得ることができるケースが多いようです。またその収入があることで、結婚後も自分にお金を使うことができ、自分磨きや自分の趣味にお金を費やすこともできます。
また医療の現場では常に人員が不足といわれているので、看護の求人数もかなり多いです。結婚や子育てなどの転機で転居したとしても、すぐに求人を探して就職をすることができるでしょう。また育児や介護などでブランクがあっても再就職の際には歓迎してくれる職場が多いのです。そのため、女性の仕事の中でも職場復帰をしやすい仕事であるといえます。また働く意志と体力があるならば、定年まで生涯現役で仕事を続けていくことができるのです。それらのメリットを考えて若いうちから手に職をつけることを目指し、看護学校に通う人もいます。これらの現状から、多くの女性が目指す憧れの職業ともいえます。